« 2/13、14 高木善之氏・虹の天使ワークショップ | メイン | 2/27 加賀谷克美さん講演会 »

2/20 「かいご」で活かすコミュニケーション講座

【 「かいご」で活かすコミュニケーション講座 】案内

■講座目的
高齢化社会の介護を取り巻く現状は、老老介護の問題や、
男女の性別による役割分担からくる問題があります。
介護者が特定されるのではなくそれぞれの家族にあった
「かいご」で活かすコミュニケーションを考えます。
介護される本人、介護する家族の視点にたちその中で繰り
広げられているコミュニケーションの本質について考えます。
それぞれの人生がすばらしく充実したものになるよう人生の質、
生活の質を導きだします。

コーチング・コミュニケーショントレーニングをベースにした
「かいごを受ける人」「かいごをする人」の中での取り組みは県下初になります。


■日時   平成22年2月20日(土) 13:30~16:30
■場所   ユー・アイふくい 学習室B1
       福井市下六条町14-1 TEL:0776-41-4200 地図はこちら

■講 師  ペ ホス 氏 
■参加費 無料
■定 員 40名(先着順) 
■対象者 本人、介護家族、介護職員、一般県民
■申込、問合せ先 メール osoba@tsuruga.tv 電話/FAX 0770-24-1358
申込フォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/77d1bdd283285
コミュニケーションパートナーズ291
担当:福地
■HPアドレス http://kaigo291.seesaa.net

~講師プロフィール~

裵 鎬洙(ペ ホス) 氏

コーチ・コミュニケーショントレーナー

介護福祉士・介護支援専門員・主任介護支援専門員

認知症ケア地域推進員(認知症介護研究・研修東京センター)

<略歴>
1973年生まれ。大学卒業後、在宅介護サービスをてがける民間会社へ入社。訪問入浴介護サービス、居宅介護支援事業所・介護支援専門員、在宅介護支援センター相談員、地域包括支援センター・主任介護支援専門員などに従事。介護支援専門員のサポートにコーチングが機能すると考え、コミュニケーショントレーニングネットワーク(CTN)にてコーチング講座を受講。高齢者や介護支援専門員からの相談で「人の前進に機能するコミュニケーションセンス」として活かせることを現場で実感し、高齢者介護の世界でこのセンスが活かされることを意図して活動中。また同時に、「認知症の人のためのケアマネジメント・センター方式」が提唱する「本人本位のコミュニケーション」が、ケアの標準になることも意図して、推進活動にも従事している。

<役職>

◆特定非営利活動法人 兵庫県介護支援専門員協会・センター方式推進委員会委員長

◆一般社団法人 神戸市ケアマネジャー連絡会・センター方式推進委員会委員長

◆市民団体「明石コーチングコミュニティー源」代表

<講演/研修実績>

◇「対人援助職のためのコーチング講座・入門編」(主催)

◇「対人援助職のためのコーチング講座・面接編」(主催)

◇「認知症の人のためのケアマネジメント・センター方式」(県下の事業所から団体まで幅広く提供)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://move291.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/146

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年02月04日 03:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「2/13、14 高木善之氏・虹の天使ワークショップ」です。

次の投稿は「2/27 加賀谷克美さん講演会」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。