« 3/10 「東日本大震災大震災・追悼の集い in 福井」 | メイン | 3/10 自殺予防講演会&相談会 »

3/10 「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会in福井市

ミツバチの羽音と地球の回転」 上映会in福井市

この映画は、日本のエネルギーの最前線、上関原発計画に向き合う祝島の人々と
スウェーデンで持続可能な社会を構築する人々の取り組みの両方を一本の映画で
描いています。
いかにして、自分たちのエネルギーの未来を切り開くのか? 現場からの問いかけ
は私たちに選択を迫ってきます。また同時に、不可能と思われていることを可能に
する人間のエネルギーが、私たちと同じ全く普通の人々の感性と思いが、国の違い
を超えて交差し新しいビジョンを描き出しています。 ~オフィシャルサイトより


■日時   平成24年3月10日(土)
       1回目 開場 9:30/上映 10:00
       2回目 開場 13:30/上映 14:00
       3回目 開場 17:30/上映 18:00
■場 所  ユー・アイふくい 映像ホール
       福井市下六条町14-1 TEL:0776-41-4200 地図はこちら
■入場料  前売り1,000円 当日1,200円
■主催  ふくい子ども劇場
■問合せ 後藤/0776-28-1666/ugp08360●nifty.com(●を@にしてください)

鎌仲ひとみ監督からのメッセージ・・・

ここで生きていく決意が世界を動かす
瀬戸内海祝島では自給自足的な暮らしが営まれ、
漁師やおばちゃんたちがきれいな海を守りたいと
28年間も原発建設に反対してきた。
島で一番若い働き手、孝君はエネルギーの
自給もしたいと望んでいる。
しかし、圧倒的な経済力と権力が原発建設を推進し続けている。
一方、スウェーデンでは脱石油、脱原発を決め、
着実に自然エネルギーへとシフトし、
持続可能な社会づくりが進んでいる。
どうしたら未来のエネルギーを自分たちの手で選択し、
つくりだるのか。
私たちと全く同じ普通の人々の感性と思いが国を超えて交差し、
新しいビジョンを描きだす。
未来を待たずに、今、未来を作り出す現場がここにある。
自然と共振し、エネルギーを生み出すミツバチのような
人々の羽音が聞こえてくる。  鎌仲ひとみ

全国600か所以上で上映され、大きな社会的反響を呼んだ
前作「六ヶ所村ラプソディー」(2006年公開)より4年。
ヒバクシャ-世界の終りに」(2003年公開)、
そして今回「ミツバチの羽音と地球の回転」(2010年公開)、
監督 鎌仲ひとみ×グループ現代が世に問う三部作がついに完成!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://move291.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/302

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2011年11月05日 03:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「3/10 「東日本大震災大震災・追悼の集い in 福井」」です。

次の投稿は「3/10 自殺予防講演会&相談会」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。